(000)TOP

140字以内の都市伝説:140字以内で都市伝説の類の話を書いております。
140字以内の獣害事件:140字以内で獣害事件の類の話を書いております。
140字以内のエッセイ:140字以内で散文の類の話を書いております。

アンケートモニターの紹介をしております。
隙間時間にアンケートに答えてポイントを貯められます。
貯めたポイントは指定の銀行口座に現金で振り込んでもらえます。

アンケートモニター登録

| TOP

(103)全て使用中

我は急いでいた故に、電車の先頭に乗っていた。

急ぎでも乗車中の電車が早くなる訳ではない。

だが、急いでいた。

ホームでドアが開くと、我はトイレに駆け込んだ。

そして、全ての個室が使用中と把握すると…
『ベンザブロックとはこのことか…』

我は膝から崩れ落ちた。

| 140字以内のエッセイ

(102)或る名馬の一生

我は元競走馬の某。
現役時代は日本競馬史上2頭目の無敗での3冠馬となった。
引退後は種牡馬になったのだが、この生活は体への負担が大きかったらしい。
我は最終的に頸椎を骨折して天に召されることになったんだよ。
#ほぼ100文字
#元競走馬
#種馬

| 140字以内のエッセイ

(101)見栄剥き

私は銭湯の清掃員をしており、
男湯の清掃の際には隠さないお客様は割とお見掛けする。

故に当然ながら一物が視界に入るのだが、
見栄剥きをしておられるお客様が散見される。

見分け方?

剥けば必然的に根元の皮がだぶつきます。

つまり、そういうことですよ(/ω・\)チラッ

| 140字以内のエッセイ

(100)俺は中学教師

俺の勤め先の中学では、下着の色を制限する校則がある。

故に日々チェックしているのだが、生徒総会でその校則を議題に上げようとした女生徒がいた。

俺が彼女を止めると、生意気にも意見した。

だから「内申書に響くぞ」と無理矢理止めたよ。

余計な真似するんじゃねぇよ。

| 140字以内の黒い校則

«  | ホーム |  »